住まいづくりコラム

家づくりコラム

住まいづくりコラム

2012年 7月

住まいの資金計画 建築資金は大丈夫? 住まいづくりの第一歩、資金計画をはじめよう! [2012年7月現在の情報]

「夢のマイホーム。早く欲しいと思ってはいるものの、何から始めればいいんだろう?」と、お悩みの方も多いのではないでしょうか。
かしこくマイホームを実現するためには、予算や収入に合った適切な資金計画を立てることが大切です。
今回は、いちばん基本となる予算の考え方についてご紹介します。


会社の同僚や知合いの話を聞いて、「ざっくりマイホームの予算は○千万!」と思っていても、具体的な金額やその根拠がよくわからない。自分は一体いくらの家が建てられるのだろう…という方も多いのではないでしょうか。
まずはフラット35※を事例に、いくらまで借りることができて、いくらなら無理のない返済ができるのかを調べてみましょう!
※フラット35とは、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供している長期固定金利住宅ローンです。

Aさんのケースイメージ画像


次の3つのステップで、ご自分の資金計画を考えてみましょう。

STEP01

何年返済で借りられるの?

まずはあなたの借入れ可能年数を把握しましょう!
フラット35の場合、80歳までに完済できる年数で最長35年間まで借りられます。

Aさんの場合、最長の35年になります。
あなたの借入れ可能年数は何年でしたか?

STEP02

いくらまで借りられるの?

STEP1で計算した借入れ可能年数と年収(税込)から借入れの限度額をチェックしよう!

借り入れ年数/
年収
25年 30年 35年
800万円 5,497万円 6,302万円 7,032万円
600万円 4,123万円 4,727万円 5,274万円
400万円 2,748万円 3,151万円 Aさんの場合
3,516万円
200万円 1,178万円 1,350万円 1,506万円
※金利2.01%でご算出

Aさんの場合、年収が400万、借入れ年数は最長で35年ですので、借入れ可能額は3,516万円になります。

STEP03

無理なく返済できる借入れ額は?

希望の返済額から借入れ可能額をチェックしよう!

借り入れ年数/
月々の返済
25年 30年 35年
20万円 4,173万円 5,402万円 6,028万円
15万円 3,534万円 4,052万円 4,521万円
10万円 2,356万円 2,701万円 Aさんの場合
3,014万円
8万円 1,885万円 2,161万円 2,411万円
※金利2.01%でご算出

Aさんの場合、月々の返済希望額は10万円、借入れ年数は最長35年ですので、借入れ可能額は3,014万円になります。

ご自身のローン借入額はイメージできましたでしょうか。
住宅ローンには他にも様々な商品がありますので、ご自身にあった商品を検討してみましょう。
住まいは何年も続く買い物です。あらかじめムリのない資金計画をしっかり立てましょう!

※本メールの借入れ額は金利2.01%(平成24年6月度最低金利)、元利均等返済、返済比率は年収400万以上は35%、年収400万未満は30%で計算しています。

ウェブダイレクト会員の方は、
マイページにて家づくりにかかる様々な費用を
シミュレーションしながら、住宅ローンの検討ができます!
ミサワ・ウェブダイレクト
会員登録はこちら


資金計画についてのご相談はミサワ・ウェブダイレクトまで!

●頭金ってどれくらい必要なの?
●ご夫婦やご両親の収入を合算して借りたい!
●他に借入れ(自動車ローンなど)がある場合はどうなの?
●賃貸や店舗併用でインカム住宅にして返済を抑えたい!
●老後までの収支シミュレーションをしてみたい!

資金計画のご相談はこちら

MISAWA WEB DIRECT MEMBERS 新規会員募集中

PAGE TOP