住まいづくりコラム

家づくりコラム

住まいづくりコラム

2013年 11月

住まいの価値を高める美しいデザイン

人生の中でもっとも大きな買い物ともいえる住宅。長引く不況の中で不動産を購入するのは、勇気が必要なことかもしれませんね。消費税増税の方向性が固まった今、住まいを資産価値の観点からも考えてみましょう。

Point01

住まいの資産価値

蔵のある家イメージ画像
グッドデザイン大賞とロングライフデザイン賞を獲得した「GENIUS 蔵のある家」

住まいが将来にわたって資産価値として認められるには、長く残る耐久性と陳腐化しない美しいデザインが必要であるといわれています。 デザインに対する評価は人それぞれ異なりますが、数十年にわたって陳腐化しないためには、住む人や時代を選ばない普遍性の高さが大切です。そのためには、機能や品質、安全性をも評価する、総合的なデザインの推奨制度「グッドデザイン賞」を参考にするのも有効な手段といえるでしょう。

Point02

グッドデザイン賞とは

1グッドデザイン賞とは

グッドデザイン賞ロゴイメージ グッドデザイン賞とは、公益財団法人日本デザイン振興会の主催で、毎年デザインが優れた物事に贈られる賞であり、日本で唯一の総合的デザイン評価・推奨の仕組みです。「デザインを通じ、くらしを、産業を、そして社会全体を、より豊かなものへと導くこと」を目的に創設された賞は、すべての工業化製品を対象に、デザインだけでなく、機能、品質、安全性、アフターメンテナンスなどをトータルに評価する、確かな基準として社会的に定着しています。

2グッドデザイン賞の審査基準

グッドデザイン賞は、まずはじめに「良いデザインであるか」の視点から基本デザインについて審査し、これを通過したものに対して「すぐれたデザインであるか」「未来を拓くデザインであるか」の2つの基準でさまざまな面から審査します。その厳しい審査基準こそ、美しいデザインと優れた機能や品質の証となっています。

基準イメージ画像

基準イメージ画像

基準イメージ画像

3ミサワホームの受賞歴

ミサワホームは、1991年に「GOMAS」が住宅として初めてグッドデザイン賞に選定されて以来、24年連続47商品(平成25年10月現在)が選定されています。
中でも「GENIUS蔵のある家」は、1996年に住宅業界で初めての「大賞」を、2007年には「ロングライフデザイン賞」を受賞しています。

受賞歴イメージ画像

Point02

2013年度グッドデザイン賞受賞「GENIUS GATE」

イメージ画像


今年度、グッドデザイン賞ベスト100を受賞したミサワホームの新商品「GENIUS GATE」は“住み開く家”がコンセプト。ウチへもソトへも開かれた空間により、親と子、町と家族がつながる暮らしを提案しています。その“つながる”工夫を紹介していきます。

1コミュニケーションポーチ

コミュニケーションポーチイメージ画像

家のウチとソトの中間領域をまちに開かれたオープンスペースとして開放。中庭のように落ち着いて過ごせながらも、近隣の方との気軽なコミュニティの場にもなる“つながる”空間です。

2コモンズリビング

コモンズリビングイメージ画像

1階の親世帯に設けたパブリックスペース。お気に入りの作品などを、まちなみに面した「ウィンドウギャラリー」に飾ることで、地域との“つながり”を育むきっかけをつくります。

3センターダイニング

センターダイニングイメージ画像

子世帯の玄関から階段を上った場所に設けられたダイニングキッチン。それぞれのプライベートスペースにいくときも、必ず通るように設計されています。生活の基本である「食」の場を中心に、家族の“つながり”が深まります。

24年連続47の住宅が
グッドデザインを受賞

デザインのミサワホーム

MISAWA WEB DIRECT MEMBERS 新規会員募集中

インフォメーション

  • キャンペーン情報
  • 新商品情報
  • 住まいづくりコラム
  • まちなか展示場
  • スタッフブログ
  • お問い合わせ
  • カタログ請求
  • 相談会・説明会ご予約
  • 概算お見積り依頼
  • その他お問い合わせ
  • サポートデスク 0120-330-385 ご利用時間平日9:00~18:00

PAGE TOP