住まいづくりコラム

家づくりコラム

住まいづくりコラム

2014年 7月

夏に取り入れたい!涼しく暮らす微気候デザイン

こんにちは。「ミサワ・ウェブダイレクト」サポートデスクです。

熱戦が続くワールドカップもいよいよ終盤に差し掛かりましたね。ようやく安眠できる日々が戻ってくると思いきや、すぐに本格的な夏がやってきますね。 今月は、猛暑がくる前にやっておきたい、夏を涼しく暮らす工夫を紹介しましょう。

Point01

夏を涼しく暮らす「微気候デザイン」

「家のつくりようは夏をもって旨とすべし、冬はいかようにも過ごせるが、夏はどうしようもないので、住まいは夏の暑さ対策を中心に考えることが基本である」とは、吉田兼好が徒然草の中で記した一節です。地球温暖化の中で、夏の暑さはますます厳しいものとなり、住まいづくりにおける夏の暑さ対策は重要な要素となってきています。
特に注目されているのが、周辺の自然環境や気候・風土を、建築的な工夫で室内環境づくりに生かす「微気候デザイン」。「通気」「日差し」「室温」「熱と湿度」「省エネ」の5つの視点から、夏を涼しく、快適に暮らすことを提案しています。

イメージ画像

Point02

「微気候デザイン」を住まいに取り入れる

1緑のカーテン

ファミリープロフィールイメージ画像

夏の強烈な日差しを遮ってくれると同時に、植物の葉から蒸散される水分が周囲の温度を下げてくれる効果があります。また、その間を通り抜ける風が冷やされることで、室内を快適な環境にすることも可能です。

2グランドカバー植栽

ファミリープロフィールイメージ画像

地表面を覆う芝生やリュウノヒゲなど、グランドカバー類の植物を植えると、日光の照り返しを防いでくれます。カーポートにグリーンスペースがあると、デザイン的にも美しさと潤いを与えてくれます。

3池や水辺を設ける

ファミリープロフィールイメージ画像

池や水辺にも空気を冷却する効果があります。ホームセンターにある池キットを利用したり、テラスの一部に一段下げたスペースをつくり、暑い季節だけ水を張るなど、ちょっとした水空間を演出すると視覚的にも涼しくなります。

うぇぶたのイラストイメージ

うぇぶたのワンポイント

「微気候」って敷居が高そうなイメージがするけど、身の周りの小さなことで実現できるんだね。
まずは緑のカーテンからやってみようかな♪

詳細はコチラ

Point03

「微気候」の心地良さを感じる「自由空間LOFT」

MISAWA WEB DIRECTの「自由空間LOFT」には、広さにして6畳大、高さが最大7メートルにもなる吹き抜け空間「キズナ・ヴォイド」を設定。この大きな吹き抜け空間により、リビング天井付近にこもりがちな熱気を、ロフトのトップライトから排出します。下部の開口からは新鮮な空気を呼び込み、心地よい風が通り抜ける通風配慮設計をしました。夏を涼しく快適に暮らす住まいです。

イメージ画像

イメージ画像

夏を涼しく快適に暮らす住まい

自由空間LOFT

MISAWA WEB DIRECT MEMBERS 新規会員募集中

PAGE TOP