住まいづくりコラム

家づくりコラム

住まいづくりコラム

2014年 10月

すぐれたデザインを生み出す「住まいづくりの作法」(外観フォルム編)

こんにちは。「ミサワ・ウェブダイレクト」サポートデスクです。

過ごしやすい秋の陽気になりましたね。スポーツ、読書、芸術といろいろな秋の過ごし方がありますが、もし、芸術の秋を過ごすのであれば、アート作品をじっくりと見つめてみてください。すぐれたアートに共通するポイントが見つかるかもしれません。
今月は、すぐれたデザインを生み出す「住まいづくりの作法」について考えてみたいと思います。

Point01

住まいづくりの作法とは

住まいづくりの作法とは、そこに暮らすご家族への思いやりやまごころ、おもてなしなどの気持ちを表現するために、日本建築の伝統的な手法だけでなく、最新技術もフルにいかして、配慮の行き届いた設計やデザインをすることです。
納まりや手触り、質感などの細部まで作法を大切にして丁寧に仕上げられた住まいは、何十年経っても色褪せない、普遍的な美しさを生み出し、住む人の美意識まで高めてくれます。

うぇぶたのイラストイメージ

うぇぶたのワンポイント

すぐれたデザインは、使う人の気持ちまで考えて、丁寧に仕上げられてできるんだね。永く使えるよう、シンプルで飽きのこない普遍性も必要だね。

Point02

建築物本来の美しさを表現する「フォルムデザイン」

建物の基本形から削り出すようにデザインする「フォルムデザイン」は、普遍性が高く、時代を経ても色褪せることがありません。彫刻のように、ひとつの造形として魅力的なカタチを追求することで、線や面が際立った、陰影のある美しさを表現できます。

1水平・垂直ラインが際立つ「線の美」

屋根のスカイライン、シンプルな軒先に加えて、1階と2階の間に「ゲート」をプラスすることで、美しい水平ラインを生み出します。
垂直ラインは、屋根開口から連続する外部吹き抜けやポーチ、1階の縦格子ルーバーなどで強調、全体のバランスをきめ細かく整理することで、建物の端正な表情を際立たせています。

イメージ画像

2奥行きを生む「陰影の美」

ファミリープロフィールイメージ画像

2階の軒により長い影、1階の軒下空間「縁(en)」の深い影などが陽の当たる部分と鮮やかなコントラストをつくり、住まいに奥行きを生んでいます。
インナーバルコニーと「縁(en)」の壁面ダーク系の色で、陽の当たる壁面はライト系の色で仕上げることで、さらに陰影を強調しました。

3存在感を演出する「面の美」

ファミリープロフィールイメージ画像

1階の縦格子ルーバーと2階のバルコニーを1つの面としてバランスよく配置することにより、美しいファサードを形成。連続庇でアクセントをプラスしました。
ファサードに大きな窓を設けるときも、一体の面となるようにデザイン。シンプルでありながら存在感のある外観を実現しています。

Point03

2014年度グッドデザイン賞受賞「INTEGRITY」

住まいづくりの作法を大切にしてきたデザインへのこだわりが評価され、ミサワホームは25年連続48の住まいがグッドデザイン賞を受賞しています。今年度は新商品「INTEGRITY」が受賞しました。
シンプルで普遍性の高いカタチのひとつである四角形を組み合わせた外観デザインのテーマは「SQUARE in SQUARE」、単純な真四角なフォルムではなく、複数の四角形を組み合わせて外観を構成した飽きのこないデザインは、流行り廃りの影響を受けにくい、時間・時代を超えた「タイムレスデザイン」になっています。

イメージ画像

住宅デザインは、一つ上のクオリティーへ

INTEGRITY

ミサワ・ウェブダイレクトのグッドデザイン賞の住まい

Making home

MISAWA WEB DIRECT MEMBERS 新規会員募集中

インフォメーション

  • キャンペーン情報
  • 新商品情報
  • 住まいづくりコラム
  • まちなか展示場
  • スタッフブログ
  • お問い合わせ
  • カタログ請求
  • 相談会・説明会ご予約
  • 概算お見積り依頼
  • その他お問い合わせ
  • サポートデスク 0120-330-385 ご利用時間平日9:00~18:00

PAGE TOP