住まいづくりコラム

家づくりコラム

住まいづくりコラム

2016年 3月

今、注目される「LCP」

3月で東日本大震災から5年が経ちます。この5年の間にも、噴火、土砂災害、水害や台風など、さまざまな災害が日本を襲ってきています。
今、注目されはじめているLCP(Life Continuity Plan)という考え方をご存知でしょうか。災害が起きた直後から、経過する時間とともに変化していく被災地での問題をあらかじめ予測し、それに対応する生活持続のための計画です。
今回は、災害の中で「いのち」と「暮らし」を守り、同時に社会的な機能を持続させていくための住まいの役割について学んでいきましょう。

Point01

いのちと暮らしを守り、社会が機能し続けるための住まい

今、災害時及び災害後の生活を、安心して継続するための考え方である「LCP」に注目が集まっています。
万が一の被災時に、私たちのいのちを守り、平常時までの暮らしをサポートしてくれるのが住宅です。建物としての強さや設備機器といったハードの面で、十分安心できる性能を選択することが大切ですが、同時に、食品や日用品の備蓄手段や断水時に必要な水を確保するシステムなど、ソフト面での工夫も必要です。
また、住宅は社会的なインフラである側面も持っています。たとえば、災害が起こったときのエネルギーは、1戸の住宅だけで解決できる問題ではないため、日頃からご近所や街とつながり、コミュニティや都市全体での助け合いを促すための機能も求められています。

イメージ画像 イメージ画像


Point02

ミサワホームが考えるLCP「MISAWA-LCP」

ミサワホームでは、災害などによる業務リスクを最小化する「BCP」(事業継続計画)の考え方や、内閣府の中央防災会議で報告された「首都直下地震の想定被害と対策について」を参考に、「MISAWA-LCP」を策定しました。「躯体性能」「プランニング」「仕様」のそれぞれに一つ上の設計基準を設定し、もしもにしっかり備える住まいを提案しています。

● 躯体性能基準

イメージ画像

震度7でも構造躯体が倒壊しない建物にする
最大瞬間風速60m/s相当でも倒壊しない建物にする
行政基準の1.2倍の雪の荷重に耐える建物にする
家のどこにいても火災に早く気付けるようにする

● プランニング基準

イメージ画像

飲食料・日用品7〜14日分の備蓄スペースを確保する
安全な複数経路、水平・垂直の避難経路を設ける
避難生活の健康被害を軽減する冬季最低室温を確保する
日常から家族・近隣とコミュニケーションしやすい設計にする
ゲリラ豪雨、床下、床上浸水に耐える

● 仕様基準

仕様基準

熱源の確保
食料の確保(家族数×14日分)
備蓄品以外での上水・中水の確保

生活インフラやライフライン停止・停滞時の7日間+αに及ぶ自宅避難生活を想定した備え(停電・ガス遮断・断水・下水遮断・物流停滞)

うぇぶたのイラストイメージ

うぇぶたのワンポイント

今、まさに注目されている「LCP」。東京都では、自宅での生活継続を可能にする住宅を「東京都LCP住宅」として登録・公開しているんだって!

詳細はコチラ

Point03

自宅生活を継続する技術とアイテム

「MISAWA-LCP」では、設計基準を満たす技術やアイテムを整理し、平常時の<備え>、災害時の<守り>、災害後の<支え>の3段階におけるソリューションを提案しています。それぞれの代表的な技術とアイテムを紹介します。

21st SAFETY SOLUTIONS<備え>

「備蓄の蔵」
蓄えの基本は、非常食や飲料水、防災用品などを家族分、余裕をもってストックしておくこと。備蓄専用の「蔵」を設けることで、スペースを気にせず大量にストックしておくことができます。

イメージ画像

22nd SAFETY SOLUTIONS<守り>

「モノコック構造」
地震から家族を守るには、構造体の強さが大切です。ミサワホームは、木質パネル接着工法によるモノコック構造。外力を建物全体に分散し、高耐力を発揮します。創立以来、地震による建物の倒壊はなく、実大建物振動実験でも高耐震性能を確認しています。

イメージ画像

23rd SAFETY SOLUTIONS<支え>

「太陽光発電+蓄電池+非常時回路」
災害時の停電は、当然、想定すべきことです。「太陽光発電システム」を搭載すれば、太陽光発電のパワーコンディショナを自立運転に切り替えることで、停電時も発電電力を利用できます。さらに「蓄電池」も備えれば、夜間も電気機器が利用可能。復旧までの生活をサポートします。

イメージ画像

もしもにしっかり備える住まい

「MISAWA-LCP」

MISAWA WEB DIRECT MEMBERS 新規会員募集中

インフォメーション

  • キャンペーン情報
  • 新商品情報
  • 住まいづくりコラム
  • まちなか展示場
  • スタッフブログ
  • お問い合わせ
  • カタログ請求
  • 相談会・説明会ご予約
  • 概算お見積り依頼
  • その他お問い合わせ
  • サポートデスク 0120-330-385 ご利用時間平日9:00~18:00

PAGE TOP